データー削除とバックアップを忘れないでください

不要にになったカメラ、その処分方法も様々ですが、カメラ買取の専門店に売却するのもオススメです。
買取専門店であれば、高い値段で買取ってもらえる可能性があります。
ただ、買取依頼する際は、カメラに入っているデーターに注意しておきましょう。

デジカメのデーター削除について

カメラというとデジカメもありますが、デジカメを売る際は、カメラ内に残っているデーターにも注意しておきましょう。
買取依頼する際、データーを入れたまま査定を受ける人もいるようです。
デジカメやビデオカメラなどを買取依頼する際に気をつけてもらいたいことは、写真や動画などのデーター消去です。
買取専門店では個人情報保護の観点より、カメラを買取する際はデーターを全て削除する必要があります。
削除は基本的には依頼者が行いますが、依頼者の中には削除の方法が分からなかったり面倒だったりして、お店に依頼する人もいるようです。
このような場合、削除の手数料などがかかる場合もありますので注意しておく必要があります。
もちろんそれぞれのお店によって異なりますが、別途手数料を請求されると、その分査定額が低くなってしまいます。
ですので、できるだけ自分で行うようにしてください。

データーのバックアップ

カメラを買取に出す場合、データー消去を行う必要がありますが、そのまま出してしまうと、お店側からデーターを削除されてしまいます。
そのためいつでも見られるように、大切なデーターはSDカードなどにバックアップしておくことをオススメします。
バックアップは説明書に記載していますので、確認しておきましょう。

データー削除とバックアップ

不要になったカメラを買取依頼する場合、カメラに入っているデーターを削除する必要があります。
また、削除する前に、大切なデーターはSDカードなどに保存しておくことも大切です。

関連する記事